仕事ができるorできない…あなたはどっち?【自分で見分ける方法】

サラリーマン
仕事ができるヤツとか、できないヤツっているじゃない?人のことはわかるけど、自分がどっちなのか、時々不安になるよね。

日々働いていくなかで、他人のことを「仕事ができる」「仕事ができない」と言う場面ってありますよね。

また、口には出さないとしても、「あの人は仕事ができるな」「あの人は仕事ができないからな」と心の中では思っていたりもします。

 

でも、自分自身のことはどうでしょう。

  • オレは仕事ができるぞ
  • ボクは仕事ができないかも
  • 私はどうかな…

自分が一体どちらなのか、自信をもって言える人はどれくらいますか?それは、本当にあたっているのでしょうか?

フルーツ
この記事では、自分自身が仕事ができるのかどうかの見分け方をご紹介します。

自分は仕事ができるのかどうかは気になりますし、なんとなく不安でもあります。ぜひこの機会に、確かめてみてくださいね。

 

この記事のポイント

自分が仕事をできるのかどうか見分けるには、

  1. 社内制度による評価
  2. 社内の評判
  3. 社外の人の観察
  4. 転職活動

なんかが役に立ちます。

フルーツ
とはいえ、そもそも仕事ができる・できないという感覚自体があいまいなので、なかなか分かりにくいのは事実です。

 

ですから、おすすめは④転職活動

  • 自分の学歴・職歴・保有資格がどう評価されるか
  • どのくらいの年収の仕事ができるのか
  • どんな企業からどれくらい求められるのか

といったことが、かなり客観的に判断できます。(転職は、してもしなくてもOKです。大事なのは「転職活動」。)

フルーツ
転職エージェントと30分ばかり面談するだけでも、自分の状況は見えてきます。

※マイナビエージェントは、とても親切で優しいので、初めての相談におすすめです。これを機会に、ぜひ試してみてください。

 

仕事できるorできないの見分け方:社内の評価

さて、自分は仕事ができるのか?できないのか?

気になるこの問に答えるために、参考になりそうな情報を集めてみましょう。まずは、会社内での情報からです。

 

見分け方①社内制度の評価

まずは一番オーソドックスな観点です。社内制度による評価をチェックしてみましょう。

 

普通、各会社には「評価制度」というものが存在します。会社ごとに、さまざまな基準に基づいて

上司
今年はキミ、がんばったよね。A評価をあげよう!

とか

上司
今年も営業成績、ボロボロだったよな。わかっているとは思うが、E評価だ。

とか、判定されるわけです。この評価によって

  • ボーナス
  • 昇給
  • 出世

などが決まってきますから、サラリーマンならきっと、気になるポイントですよね。

 

当然、社内制度の中で

  • 高い評価を受けている人:仕事ができる人
  • 低い評価を受けている人:仕事ができない人

という仮説がなりたちます。会社が「良い」と思う人≒高い評価を受ける人≒仕事ができる人、というわけです。

あなた自身についても

  • 高い評価を受けられている→オレは仕事ができるかも
  • 低い評価しか受けていない→オレは仕事ができないかも…

と思う材料になりますよね。

 

サラリーマン
やっぱそう来る~?でもさー、会社の評価なんて、適当なもんだよ。超仕事できるのにC評価くらいの人もいるし、「うぇ、なんであんな仕事できないヤツが…」って人がA評価とったりするしさー。

それもまた、よくある現実。私フルーツ自身の周りを眺めても、

  • 「なんであの人が!?」と思う評価
  • 「評価が不公平だから転職する」という話

は、そこらじゅうにあります。

フルーツ
社内制度上の評価がどうであるかは、仕事ができるorできないを判断する「参考材料」にはなっても、「決め手」にはなりにくいかもしれませんね。

 

見分け方②社内の評判

では次に、自分の評判についてチェックしてみましょう。

フルーツ
職場は、仕事をする場所です。その職場においての評判というヤツは、仕事のできる・できないを意外に正確に表していたりするんですよね。

 

サラリーマン
いやいや待ってよ。自分の評判なんて、自分ではわかんないって!

…本当にそうでしょうか?自分の胸に手をあてて考えてみると、自分が周囲にどう見られているのか、大体検討がつくのではないですか?

例えば、

  • 仕事で困っている人に、相談されることはあるか?
  • 上司には、どんな声掛けをされることが多いか?
  • 仕事で悩んだとき、周囲は助けてくれそうか?
  • 仕事や職場に関する情報は、たくさん耳に入ってくるか?
  • 仲の良い同僚は多いか?
  • 職場の居心地は良いか?

なんてことを考えてみてください。自分が仕事をできるのかどうか知る上で、重要な手がかりを掴めると思いますよ。

フルーツ
もちろん、仕事のできる・できないだけで評判が決まるわけではないですけどね。

 

仕事できるorできないの見分け方:社外の評価

次は、会社の外での情報収集です。

フルーツ
会社内だけで考えていると、どうしても視野がせまくなりがちです。社外に目を向けて自分の立ち位置を知ることは、きっとプラスになると思いますよ。

 

見分け方③社外の人と絡む

まずひとつ重要なのは、同じ職種の人が集まるセミナーだとか、業界団体の集まりだとかに出かけていって、社外の人と絡んでみることです。

社外の人と少し話してみるだけでも、自社のレベルや自分のレベルが、なんとなくわかってくるもの。

  • 会社の外の世界で、「仕事ができる」と言われているのはどんな人か?
  • 会社の外の同世代の人と比べて、自分はどんな感じか?
  • 会社の外の人と話したとき、自分は「仕事ができる人」と見られているか?

なんてことが、肌で感じられるからです。

注意点はひとつ。同業界・同職種の人と話すこと

業界や職種が違うと、「仕事ができる」の意味が違ってきます。そうすると、比べることが急に難しくなってしまうわけです。

 

サラリーマン
なるほどねぇ。確かに社外の人と絡むのは大事かも。でもなかなかそんな機会は無いし…社外の人と比べて自分がどうかなんて、自己判断に自信持てないなぁ…
フルーツ
そんな人におすすめしたいのは、見分け方④。最後の手段です。実は一番お手軽に、客観的な目線から、自分は仕事ができるのかどうか、知ることができます

 

見分け方④転職活動をしてみる

会社の外に出て、自分は「仕事ができる」「仕事ができない」どちらなのか確かめる、一番カンタンな方法がコレ。転職活動です。

サラリーマン
!? …ボク、今のところ転職するつもりは無いんだけど。

転職する必要はありません。おすすめしているのは「転職」ではなく、「転職活動」

自分が転職市場での状態を確かめることは、「自分は仕事ができるのか?」を考える、大きな手掛かりになります。

 

転職活動をすることで、自分の今の状況(スキル・職歴・学歴等)だと

  • どんな会社の
  • どんな仕事ができて
  • 年収はどの程度なのか。
  • 応募できる求人は多いのか・少ないのか。
  • 内定は取りやすいのか・取りにくいのか。

などが、リアルに具体的に確認できます

フルーツ
これって、「仕事ができるのか」ということと、だいたい一緒ですよね。

 

サラリーマン
そ、そうは言ってもさ、面接とか大変だし、ほら、ね…。

そんなあなたは、とりあえず一度転職エージェントの話を聞いてみると良いと思います。30分程度面談するだけでも、かなりの情報がつかめます

  • 今のあなたなら、どこにでも転職できますよ
  • こんなスキルがあると、さらにいいですね
  • こういう経験がないと、ちょっと厳しいかもしれません

転職エージェントの発言から、自分が「仕事ができる」人材なのか、そうでないのか、感じるところがあるはずです。

サラリーマン
な、なるほど…。ちょっとドキドキしちゃうけど、現状を知るのって大事だよね…
フルーツ
メッチャ大事!たいてい、どうすれば「できる」ようになるかも見えてくるから、実は「仕事ができない」ままずっと行くっていうリスクを減らすことができますよ。

 

具体的には、マイナビエージェントに登録して、話をきくのがおすすめです。

  • 親切で優しい
  • 業界・職種の情報をガッツリ持っている
  • 業界・職種を超えた広めの情報も押さえている
  • 個人情報の管理にうるさい

エージェントだからです。

すぐに転職する気持ちがなくても、遠慮する必要はありません。(話を聞く中で、もしも「今よりずーーっと条件の良い仕事」が見つかったら、その時真剣に考えてみればOKです。)

サラリーマン
ふーん…優しい感じ&誰にも言わないでくれるなら、1回話してみようかな…。自分が仕事できるのかどうかって、気になるし…。

 

マイナビエージェントの親切さは、私フルーツ、実際に利用してチェック済みです。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

【そもそも論】仕事ができるorできないって…

サラリーマン
でもさ、「転職できる=仕事ができる」かどうかも、あやしくない?

確かに、転職活動にも微妙な点はあります。

フルーツ
実際には、「超できる人みつかった!」って入社してきた中途採用の人が、「実は全く仕事できないんですけど!」みたいなことって、ありますからね。

 

そもそも、仕事ができるor仕事ができないという判断の根拠は、人によって様々で、かなりあいまいなものです。「仕事ができる」の意味については

  • スピード感が大事
  • 正確性が大切
  • なんといってもコミュニケーション能力かな
  • リーダーシップでしょ
  • 責任感だね
  • なにはなくとも営業力
  • 全体感があるかどうかが一番
  • 専門性がないと話にならない
  • メンタルが強ければなんとかなるよ
  • 自主性が重要
  • チーム貢献の意識かな~ …etc.

ありとあらゆる意見が出てくると思います。

サラリーマン
確かに。でもなんとなく、できる人・できない人っているよね。…やっぱり、自分はどっちか気になるよ。

 

自分の今の状態(仕事ができるorできない)について客観的に知りたければ、やはり転職活動が一番です。

  • 少人数の主観ではなく、あるていど客観的な情報が得られる
  • 会社など狭い範囲ではなく、世の中一般の基準が分かる
  • 年収などの基準をつくれば、他業種・他職種との比較もできる可能性がある

というのが、その理由。

フルーツ
転職活動は、カンペキな情報を与えてくれるわけではありません。それでも、自分のことを知りたかったら、一度は体験しておくべき

自分のことをしっかり理解しておくことは、必ず次のステップにつながっていくでしょう。

サラリーマン
ちょっと怖い気もするけど、1回情報収集してみようかな。

 

まとめ:自分が「仕事ができるorできない」を確かめるには、転職活動が最適!

自分が仕事をできるのかどうか見分けるには、

  1. 社内制度による評価
  2. 社内の評判
  3. 社外の人の観察
  4. 転職活動

なんかが役に立ちます。

 

おすすめは④転職活動

  • 自分の学歴・職歴・保有資格がどう評価されるか
  • どのくらいの年収の仕事ができるのか
  • どんな企業からどれくらい求められるのか

といったことが、かなり客観的に判断できます。(転職は、してもしなくてもOKです。大事なのは「転職活動」。)

フルーツ
転職エージェントと30分ばかり面談するだけでも、自分の状況は見えてきます。

※マイナビエージェントは、とても親切で優しいので、初めての相談におすすめです。これを機会に、ぜひ試してみてください。

「そんなこと言われても不安だよ!」という人のための、マイナビエージェント利用体験談はコチラ↓です

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

フルーツ
そもそも仕事ができる・できないという判断自体あいまいなので、カンペキな答えはありません。それでも、入手できる情報は入手しておくと、不安もリスクも減っていくと思いますよ♪

それではまたっ!

 

<関連記事>

「仕事ができない」新人さんや、その指導担当のセンパイのための記事です。どんな人が仕事ができないと言われやすいのか、どうしたら仕事ができるようになるのか、センパイとしてあげられることは何か、をまとめてあります。

仕事のできない新人&その先輩へ!経験者が語る、特徴と対策。

2019.04.03

 

「仕事ができない」人によくあるのが、ミスの連発。この記事は、経理部員のためのミス対策記事です。ミスに厳しい経理部員の記事なので、経理以外の部署の人にも参考にしてもらえると思います。

【経理のミス対策】経理部で一番ミスが多かった私が教えます!

2019.04.30

 

頭が回らなくて仕事ができない…そんな悩み・焦りを持っている人のための記事です。放置しておくとなかなか危険なので、きちんと対処法をご紹介します。

仕事ができない…頭が回らない…ちょっと焦っている人へ

2019.03.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク