【給料以外に月20万円】稼ぐためにやめたこと7選【やめて正解】

なんだか最近忙しすぎる感じ。「やめることを決めるべき」なんてきくけど、難しいわよね。何をやめればいいのか、具体例が知りたいわ…
もっと稼げるようになりたいなぁ。でも、スキルアップしろとかって言われても、時間無いしな…

こんな人のための記事です。

 

何かを始めるためには、何かをやめなければならない。

これは真理です。

この記事では、私自身が、「給料以外に月収20万円をGETする!」と決めたときに「やめたこと」を7つご紹介していきます。

こびと株
この7つをきちんとやめていなければ、今も目標は達成できていないと思います

 

私は、数年前に4つの財布(給与/配当/不動産/事業)を育てようと決めて

  • まず投資をはじめ
  • それから副業をはじめて
  • 2年ほどで「給料以外に月収20万円」の目標を達成
  • 配当も事業も、無事に育っています
こびと株
投資や副業がいくら楽しくても、普通にしてたら「とにかく時間が足りない」という壁にぶちあたります。

 

  • 忙しすぎる
  • 時間が足りない
  • ゆとりを感じない
  • もっと成長のための時間をつくりたい

こういう悩みをもつ人が成果をあげるためには、「やめること」を決めるのは超重要。

こびと株
私がやめた7つのことが、あなたがやめることを選ぶヒントになると嬉しいです!

 

稼ぐためにやめたこと7選

やめたこと①残業

やめたことの1つめは、残業です。

多いときには100時間ほどの残業をこなしていた私が、あるときを境に

こびと株
ぱったりと残業をやめたのです

その後の年間残業時間は10時間程度。

もっとも効果的な時間とエネルギーの節約になりました。

 

とはいえ

  • 給与以外の収入(配当/事業収入)を得るために
  • 給与(残業代)を減らす

というのは、短期的にはトータル収入減となる、難しい決断でした。

こびと株
それでも、自分の目指す理想のカタチ(4つの財布)の第一歩として、不可欠な決断だったわけです

 

新しいことを始めるには、今やっていることをやめる必要があります。

着手する前は「残業やめるなんて不可能では!?」と思いましたが、意外に為せば為るものです。

「残業しないで定時帰り」を23ヶ月間続けた記録【人生を取り戻す】

2019.02.01

残業をやめても生活の基盤はゆらぎません。それでいて、まとまった時間を確保できます。

こびと株
個人的には、かなりオススメの「やめること候補」です!

 

やめたこと②夜遊び

夜に出歩くことも、ほとんどスッパリとやめました。

  • 日付が変わるまで飲む
  • 徹夜でカラオケ・麻雀

みたいなやつですね。

こびと株
夜中まで遊ぶと、翌日が台無しになりますからね。もう若くもないわけですし…

 

「しっかりお金を稼ごう。そのために時間を確保しよう。」

そう思うなら、生活リズムを整えることは不可欠です。

早寝早起きを心掛け、頭の冴える早朝時間を有効活用するのが◎でしょう。

こびと株
今はすっかり22時就寝が身に付きました。21時頃になると眠気に襲われますから、夜遊びなんてしたくてもできない状態ですw

 

やめたこと③大掃除

私は、家事が好きではありません。

ひとり暮らしをしていますから、もちろん

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理
  • その他

一通りはこなすことができます。

こびと株
でも別に、そこに楽しさは感じない。

そういうタイプです。

 

だから、配当&事業収入を稼ぐと決めたタイミングで、可能な限り家事をやめたいと考えました。

もちろん、

  • 生活スタイル的にも
  • コスト的にも

全ての家事を外注するのは困難です。

それでも、せめて、年に一度の大掃除くらいは

こびと株
家事代行サービス「CaSy(カジー)」に頼もう

ということで

  • お風呂のカビ取り
  • 洗面所と台所の排水口
  • 窓の桟や網戸
  • 換気扇

などの掃除は、やらないことに決めました。

 

稼ぐためには、自分の得意分野に集中することが必要です。

何もかも自分でやろうとしてみても、うまくいくはずはありませんよね。

仕事を振れない人のダメな考え方5選【残念過ぎる】

2020.03.02

 

やめたこと④人数の多い飲み会への参加

仕事関係・プライベートともに、人数の多い飲み会への参加をやめたのも、かなり良かったです。

会社関係なら

  • 数十人で集まる部の新年会→いかない
  • 帰りがけに誘われる4~5人での飲み会→いく

プライベートでも

  • 学生時代の仲間との十数人での忘年会→いかない
  • 個別に声をかけての2~3人でのランチ→いく

みたいなことです。

 

個人的に、人数の多い飲み会は

  • あちこちに気を使って疲れるわりに
  • 話が深まりにくいので
  • 得るものも少ないし
  • 人間関係の糧にもなりにくく

コスパが悪いと感じてしまいます。

全体の飲み会に参加しなくても、個別に声をかけてもらったら応じる・時にはこちらから誘う、という風にしていれば「感じ悪い」とは思われにくいもの。

こびと株
楽しい時間は残しつつ、疲れるわりに得るものの少ない時間は捨てる。取捨選択で、人生全体の満足度が高まりました♪

 

やめたこと⑤ストレスのかかる付き合い

②深夜の飲み会・④大人数の飲み会に限らず、ストレスのかかる付き合い全体をやめました。

こびと株
これは、私が「やめたこと」の中でも、”稼ぐ”ことに集中し、毎日の生産性と満足度を高めるために、「やめてよかったこと」の上位です。

 

友人関係については

こびと株
ストレスを感じたら、しばらく距離をおく

これがマイルールです。

「ストレス溜まるから、この人とは二度と関わらない」みたいな極端なことは考えません。

人と人とのつながりって、そんなに割り切れるものでも、割り切るべきものでもないと思っているからです。

でもだからって、「ストレスがかかる付き合いに時間を割き続けるのもなんだか…」です。

自分がストレスを感じているときは、相手も楽しんでいないことが多いですしね。

そういうとき、無理をする必要はないでしょう。

とりあえず一時保留。数日なり、数か月なり、数年なりして、また気持ちの向いたときに関わりを深めれば良いわけです。

 

一方、仕事上の人間関係については

こびと株
ストレスだから距離をおこう

というわけにはいかないですよね。

私はストレスしか感じない仕事上の付き合いについては

こびと株
純粋に、メリットとデメリットだけに着目する

ことにしました。

余計な感情を混ぜると、ストレスと疲労は増すばかりだからです。

メリット>デメリットの場合にだけ、必要な対応をする。人付き合いというより、ただの仕事だと考える。

こう整理しておけば、デメリット>メリットな付き合いは断れるようになります。

こびと株
ドライに考えるとデメリットの方が多い仕事の飲み会とか、意外に多いものですよ~

 

やめたこと⑥できないことへの執着

メンタル的な面では、「できないこと」に執着するのもやめました。

こびと株
ああ私はあれができない…。なんて役立たずなんだろう…。同期の〇〇さんはあんなにうまくやっているのに…。

みたいなヤツですね。

「4つの財布を作ろう」「給与以外にも稼ごう」と考えるなら、正直なところ

こびと株
そんなことでグルグル悩んでる暇はありません

 

  • できないことに悩むより、できることを精一杯やる
  • できる人と比較して落ち込むより、自分にできることを探す
  • 苦手なことをトレーニングするより、得意なことを伸ばす

こう決めてから、幸福度の低い時間が減った気がします。

…もちろん、今でもたまには「私にもあれができたら…」と悩むことはあります。

こびと株
それでも、「できないことへの執着は、やめたんだったな」と意識するだけで、回復速度が速まったと感じています

 

やめたこと⑦小説を読みまくること

やめたことの7つめは、趣味の読書をしまくること。

具体的には、小説を読むのを週2~3冊→月2~3冊まで減らしました。

「稼ごう!」と思ったら、そのための知識のインプットは欠かせません。

ビジネス書や専門書など読まねばならない本が増えたので、小説ばかり読んでいるわけにはいかなくなってしまったわけです。

 

これが、やめたこと7つの中で、今でもちょっと残念に思っているたった1つのこと

ビジネス書の類も十分に面白いですし

こびと株
趣味時間を削る時期もあっていい(ゼロにしたわけじゃないし)

と考えていますが、

こびと株
いつかサイドFIREして、もっともっと小説をよみふけるぞ…!

という野望は持ち続けています(笑)

【資産が少なくてもリタイア可能】サイドFIREの3つの魅力と「追い風」について

2020.12.23

 

稼ぐためにやめたこと まとめ:「何もかも」は不可能です

私が、配当&投資収入を得るために、やめたことは

  • 残業
  • 夜遊び
  • 大掃除
  • 人数の多い飲み会への参加
  • ストレスのかかる付き合い
  • できないことへの執着
  • 小説を読みまくること

の7つです。

 

1日は24時間より増えることも減ることもありません

1日24時間で何をするのか

  • 自分で取捨選択をしないなら、他人に取捨選択されてしまう結果になるでしょう
  • 意識的に取捨選択をしないなら、なんとなくで人生が終わる結果になるでしょう
こびと株
時間の使い方というのは、人生そのもの。どうせなら、自分自身の手で、意識的に選択していきたいですよね

 

やめることを決めるのは、やることを決めるのと同じことです。

  • 必要のないことをやめて
  • 必要なことに時間をつかって

より豊かに暮らしていきたいなと思います。

 

こびと株
さて。あなたにとって、「やめるべきコト」はなんですか?

それではまたっ!

 

※関連記事です

「副業やる時間がない!」忙しい人のためのヒント5選【副業時間の作り方】

2020.09.05

短期間で年収を上げたいときの選択肢5つとポイント3選【必見】

2021.03.21

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。